テキストシリーズ08

 

田中純 著 Tanaka Jun

Gerhard Richter ゲルハルト・リヒター

「かげ(シャイン)」の芸術家

ゲルハルト・リヒターの生政治的アート

(*「かげ」にルビで「シャイン」)

1980円  (税込)

2022.10.15

ISBN:978-4-902070-55-2

19 x 13 cm
128ページ(カラー図版7点)

著者:田中純
校正:森かおる(p.13-119)
デザイン:森大志郎
印刷・製本:株式会社サンエムカラー
発行:ワコウ・ワークス・オブ・アート

日本語 
Japanese
税抜価格:1980円

テキスト表紙.jpg
田中純 著

「かげ(シャイン)」の芸術家
ゲルハルト・リヒターの生政治的アート



テキストシリーズ08
Gerhard Richter
​ゲルハルト・リヒター

※Written only in Japanese. 

目次
1《アトラス》── 地図のメランコリー ──
2《ビルケナウ》── それ(エス)の地下室(クリプト)──
3《1977 年10 月18 日》── オルフェウス・コンプレックス ──
4《ビルケナウ》ふたたび──「かげ(シャイン)」の生政治 ──]
(*それぞれ、「それ」にルビで「エス」、「地下室」にルビで「クリプト」、「かげ」にルビで「シャイン」)


思想史学者の田中純(東京大学大学院総合文化研究所教授)によるゲルハルト・リヒターの作品論4編を収録。リヒターの制作史で重要な3つのシリーズ《アトラス》《1977年10月18日》《ビルケナウ》をイメージ論の観点から考察しながら、リヒター作品を生政治的なアートとして紐解いていく。本書で言及される2014年の抽象絵画《ビルケナウ》は、作家が「私が最終的に片付けねばならない負い目」と語った主題であるアウシュビッツ強制収容所をテーマにした4連作で、2022年に東京国立近代美術館と豊田市美術館で開催した『ゲルハルト・リヒター展』で日本で初公開された。森大志郎デザインによるワコウ・ワークス・オブ・アートのテキストシリーズ第8弾。
※書籍名は、「かげ」に「シャイン」とルビを振ります。